関西(大阪・京都)の激安引越し人力引越社

京都発の格安引越し業者人力引越社

エーッ!まさか!?
引越しでそこまで保証してくれるの!?

エレベーターなしのところに引っ越しをする時の注意点

京都発の格安引越し人力引越社 > コラム > エレベーターなしのところに引っ越しをする時の注意点

エレベーターなしのところに引っ越しをする時の注意点


引っ越し先のエレベーターなし



引っ越しをする場合、業者に荷物を運んでもらうと便利です。1人暮らしだったとしても、最低限必要な家具や家電は持っています。その中には自力では運べない重い物や大きい家具などもあります。新しい部屋に荷物を運ぶとき、エレベーターがあるのとないのでは、引越し料金が変わるのをご存知でしょうか?

アパートやマンションなど物件による違いで、階段しかない所も多く存在します。新しい部屋が1階ならスムーズに荷物の運び入れが出来るのですが、2階以上の所だとダンボールなどを運ぶにしても、全て人の手で運ぶためかなりの労力と時間が必要です。ダンボールでも、中身によってはかなり重くなるので、引越し業者の人でも重いほど体力を消耗します。さらに大きな家具を運ぶとなった時、階段で運ぶのは人数も必要ですし、階数が上になるほど作業時間も長くかかってしまいます。

元々階段は人が通ることを想定して作っているので、大きな荷物を運ぶにはスペースが足りず、部屋に運べないこともあります。仮に階段や踊り場のスペースがギリギリ足りて、人の手で運べたとしても、手間と労力がかかるため追加料金が発生する場合があります。1階ならこのような追加料金はかかりませんが、こればかりは物件による違いもあるため、エレベーターなしの場合は階数が上がるほど、追加料金がかさむことになります。

引越し業者により料金設定は違いますが、料金を決める仕組みはほぼ同じです。だいたいトラックの大きさと、引越し先までの距離、荷物を運ぶのに必要なスタッフの人数で料金が決まってくるようになっています。従ってエレベーターがないところへの引越しは、荷物が少なくても大きな家具などがあると、通常よりも人手が多く必要となり、さらに作業にも時間と手間がかかるので追加料金がかかることもあります。



エレベーターなしの引っ越し!荷物が運べない



引越し先の部屋が2階以上で、さらに階段が狭く荷物を持って通れないというケースもあります。こういう時はどうなってしまうのでしょうか?いくら荷物が運び込めないからといって、荷物を処分してしまうわけにはいきません。あらかじめ階段しかなく、階段のスペースも狭いため、家具などの大きい荷物が運び込めないとわかっているなら、家具を買い換えるなどの方法もありますが、これも現実的ではありません。

さらに家具を買い換えたとしても、新しい家具を運び込む時に階段のスペースに合わせて選ぶというのも難しいでしょう。こういうケースはどうなるのかというと、階段しか上に上がる手段がなく、且つスペースが狭く荷物が運べないという時は、クレーンで吊り上げ窓から搬入するという方法があります。この場合はスタッフの数は少なくて済みますが、クレーンを引越し先まで運ぶ必要があるので、その分追加料金は高くなってしまいます。しかし必要な荷物である場合は、なんとかして部屋に搬入してもらわないといけませんから、クレーンという選択肢しかない場合はクレーンを出してもらいます。

高層マンションのような場合は、エレベーターがありますのでこういった問題はありませんが、3階建てくらいのマンションだと、エレベーターがない所は多く、あっても荷物が入らなければ階段で運ぶか、クレーンで持ち上げるしかないので、どっちにしても追加料金はかかります。業者によっては、クレーンを出すまでもない場合は、専用の機械で荷物を上に運ぶこともできます。この場合クレーンより費用は安く済みますが、追加料金はかかることもあります。



エレベーターなしの引っ越し対処法



エレベーターがない物件で、2階以上の部屋に荷物を運ぶ場合、人の手で運ぶことになるので、追加料金が発生することがあります。1階上がるごとに追加料金も加算されていく場合があるので、4階と2階では料金が変わってくることもあるでしょう。人の手でも運べるなら、追加料金を払っても運んでもらえると助かりますが、あまり広くない階段を大きな家具を持って運ぶというのは、引越しに慣れている業者の人でも苦労します。

家具が傷つかないよう、専用のシートで包み傷などがつかないようにしていますが、大きな荷物になるほど視界が遮られ、悪意はなくても家具を階段や手すりの角にぶつけてしまい、破損させることもあります。こういうことに備えて、引越し業者では保険に加入していますが、大切な荷物を運んでもらう時には荷物に保険をかけておくようにするといいかもしれません。

ただし業者によっては、パック料金で申し込むと階段しかない物件でも、追加料金がかからない場合があります。引越し業者を決める時は、ネットの一括見積もりで料金の比較をしますが、安い所でも追加料金がかかれば出費は多くなってしまいます。多少高くても、追加料金が発生しない方が余計な出費は抑えられますので、事前に引越し先にエレベーターはなく、階段しかないことを伝え、料金がどうなるのか問い合わせをしておくことをおすすめします。

引越しは何かと費用がかかりますので、誰しもできるだけ安く済ませたいと考えるものです。追加料金がかかるかどうかは最初に見積もりをしておくことをおすすめします。

次の記事へ