関西(大阪・京都)の激安引越し人力引越社

京都発の格安引越し業者人力引越社

エーッ!まさか!?
引越しでそこまで保証してくれるの!?

女性が引越しをする際の業者選びのポイントと荷造りの注意

京都発の格安引越し人力引越社 > コラム > 女性が引越しをする際の業者選びのポイントと荷造りの注意

女性が引越しをする際の業者選びのポイントと荷造りの注意


引越し費用が割高なことが多い



女性のみの引越し料金というのは実は男性の単身引越しよりも費用がかさむことが多いと言われています。これは、いくつかの原因があるのです。まず、男性に比べて荷物が多い場合が多く散見されます。洋服の枚数が多かったり、ぬいぐるみや雑貨といったようなかさばるアイテムが多かったりするために、荷物の量やダンボールの数が増えてしまうのです。そうすると自然と料金が高くなってしまいます。

次に、スタッフの問題があります。中には男性スタッフの作業を避けたいと考える人が多くいます。これは、プライバシーの観点から荷物の中身を男性に見られるのが恥ずかしいと感じること、転居先を男性に知られてしまうのが嫌だということ旧居や新居に知らない男性が入るのが嫌と思うことなど、いろいろな理由があります。もちろん、スタッフはきちんと教育を受けた人たちですし、男性スタッフであっても女性に嫌な思いをさせないように十分に配慮をしてくれる場合がほとんどです。しかし、稀なケースですがトラブルが起きてしまうこともあります。そういったことから身を守るためにも女性スタッフに作業を依頼したいと考える人も多いのです。

こういった理由から女性の転居の場合には、費用が割り増しになってしまうというケースも多くあります。実際に単身者の場合にも費用としては、やや割高な料金設定の業者が多いでしょう。とはいえ、嫌な思いをすることは避けたいですし、荷物が多いからといって捨てることも避けたいものです。そこで、女性の引越しでの業者選びについては、料金だけでなく具体的なサービス内容や評判を参考にして選ぶことが特に重要であると言えます。



引越しで人気のレディースプラン



女性が業者を選ぶにあたってはやはり、男性スタッフが家に上がることを避けたいと考える人が多いです。どうしても、引越し当日は作業員が複数人来ることになりますが、見積もりやダンボールを持ってきてもらう時などは男性スタッフが一人で来訪するケースも多いです。知らない男性と二人で自宅の中で過ごす時間ができるというのは人によっては怖いと思うものですし、避けたいと思うこともあります。そこで、レディースプランが充実している業者を選ぶようにすると安心です。

レディースプランの内容についても業者によってさまざまな取り組みがされているので、レディースプランだから大丈夫とするのではなく、具体的な内容を確認するようにしましょう。業者によってはスタッフが全て女性であるために、見積もりで派遣されるスタッフも当日の荷物を運搬する作業も、全て男性が来ることなく済ませることができるというケースもあります。料金体系についてもさまざまであり、割り増しとなるケースもあります。しかし、セキュリティーの問題やプライバシーの問題からとても人気のサービスであり、割り増しでも選ぶという人も多いです。安心感だけでなく、女性だからこその男性作業員よりも作業の丁寧さがあるということもあり、選ばれることもあります。

ただし、スタッフの充足状況が決してよくない場合もあり、特に繁忙期にはレディースプランを希望しても希望日にスタッフが派遣できないと言われてしまうケースもあります。そこで、引越しに余裕を持つこと、早いうちから転居日が決まって入れば早めに申し込みをすることが望ましいです。



引越しの荷造りでの注意



実は、業者選びだけでなく荷造りについても気をつけておくべきポイントがいくつかあります。荷物をまとめる時というのは、かなりバタバタしていることも多く、最後にはとにかく詰めてしまうということも多々あります。しかし、引越しというのは荷造りよりも荷ほどきが大変で、精神的にも辛い作業になります。新天地で慣れない生活をしながら少しずつダンボールを片付けなければならないことも多いですし、作業をしながら途方に暮れてしまうことも多くあります。そんな時に、少しでも気持ちよく作業ができるように、荷物を詰める際にはいくつかポイントを考えて荷物を作ることが重要です。

まずは、ダンボールを作るにあたって、あまり重い箱を作らないということです。どうしてもカテゴリーごとに箱に詰めた方が荷ほどきをしやすいために、本棚の本をまとめて入れておいたり、調味料や調理用品、お皿といったものをまとめて入れておいたりすることが多いです。

ダンボールは作業員の人たちが運んでくれるので重たくても大丈夫と思いがちであるために、うっかり重たい荷物を作ってしまうことはありますが、自宅に運ばれた荷物を自分自身で運ぶこともあります。そこで、重すぎると一人で運べなかったり腰を痛めたりすることがありますから、自分でも運べる重さにしておきましょう。これは業者の人たちへの気遣いにもなります。次に、すぐに使うものだけ一つの箱にまとめておくという方法です。転居してたくさんの箱から目当てのものを探すのは大変です。そこで、転居してすぐにこの箱さえひらけば、あとは順次時間のある時に荷ほどきができるというようにしておくとそれだけでも作業効率がよくなります。