関西(大阪・京都)の激安引越し人力引越社

京都発の格安引越し業者人力引越社

エーッ!まさか!?
引越しでそこまで保証してくれるの!?

平日の引越しをするメリットと作業の際の注意点

京都発の格安引越し人力引越社 > コラム > 平日の引越しをするメリットと作業の際の注意点

平日の引越しをするメリットと作業の際の注意点


引越し費用は少しでも抑えたい



引越しはお金がかかるものですし、精神的な負担も大きなものです。荷物を運ぶにあたって業者に支払う費用もかなり高額になりますし、それ以外にも家具や家電の買い替えが必要であったり、敷金礼金といった費用の支払いであったりというものも必要になります。これらの費用というのはものを購入するのとは違い、形に残るものではありません。そこで少しでも費用を節約して手元にお金が残るようにしたいと考えるのは当然のことです。

費用を抑えるためにもっとも考える必要が出て来るのが業者選びの問題です。やはり業者によって費用には差がありますし、各社さまざまなプランを設けています。とはいえ、料金ばかりに気を取られているのは危険です。きちんと作業をしてもらうことができて、なおかつ費用が抑えられるということが重要になってきます。そこで、業者選びはきちんと比較検討をして選ぶことが重要となります。納得できるサービスを行ってくれたり、手厚い補償をしてくれたりすると、どうしても費用はかさんでしまうものです。そこで、サービスが良い業者に依頼をしながら少しでも料金を下げるために重要となるので日程の調整です。やはり、多くの人が利用を希望する時期や日取りというのは費用が割高に設定されています。新年度スタートの時期である春や長期連休期間は多くの人が希望するために必然的に費用が高くなるのです。

業者としても人員配置やトラックの準備がしやすくなること、仕事を分散できることから、繁忙期よりも閑散期に仕事を欲しいと思うものです。そこで、閑散期になればリーズナブルな費用での転居を可能にする業者も多く、これは大手でも言えることです。閑散期に転居が難しい場合には、平日にするだけでも安くなるケースもあります。



平日に引越しをするメリット



一般的に、引越しというのは朝や午後早めの時間から荷物を搬出して、荷物が到着後には荷ほどきの作業をするという形で終日使って作業をするものです。そのため、多くの人は土日や祝日に希望をします。そうすれば仕事を休むことなく作業をすることができます。多くの人がカレンダー通りのスケジュールで働いています。そうすると土曜日に転居作業をして日曜日1日使って荷物を整理したいと考えるものです。そのため、土曜日や連休となっているところは人気が集まりやすいため、料金が高めに設定されていることが多いです。

このように終日しっかりと引越し作業をするとなれば、平日は難しい人が多いです。そこで、料金としては平日が最も安めに設定されていることが一般的です。そして、春のような転勤シーズンや連休の時期は転居をする人が多くなります。そこで、そういった時期を外した平日は閑散期となるので業者によっては繁忙期の休日に比べると半額程度で作業ができることもあります。そのため、料金を抑えるという観点では、スケジュールの調整ができるようならば、こういった閑散期の平日を狙って依頼をすることが望ましいです。

また、平日に作業をすることでのメリットは他にもあります。それが転居時の手続きができる点です。住民票や免許証の住所変更といった手続きは平日しかできないことも多くあります。そこで、仕事を休んだり有休消化をしたりすることになっても、平日を選ぶことによって料金を抑えることもできて、なおかつ転居で必要な手続きも合わせて行え、一度に必要な引越しの作業を済ませられることもあります。



引越しは大安を選ぶべきなのか



冠婚葬祭など、人生の中で大事なイベントの際には六曜を気にする人がいます。六曜というのは、6日を一つの周期として繰り返されているものです。「大安」と「赤口」「仏滅」「友引」そして「先負」に「先勝」、カレンダーに書かれている項目がこれに当たります。引越しというのは新生活を始めるものであり、人によっては結婚をしたり新しい仕事を始めたりと転居とともに複数の新しいことが始まるケースもあります。そうなると、やはり日取りを気にするという人もいるのです。

一般的には新しいことを始めるにあたって良い日とされるのは大安です。読んで字のごとく、「大いに安し」ということで新しいことを始めるにあたって良い日とされています。逆に仏滅は仏も滅するような大凶日ということを意味しており、お祝い事や門出の日に選ぶのを避けるという人もいます。結婚式場の場合には大安は料金が高く仏滅は安い、というような料金体系をとっていることが多くありますが、引越し業者についてはほとんどこういった六曜で料金に違いを出しているところはありません。それもあり、気持ち的なことや料金的なことから、スケジュールを決めるにあたって六曜を意識して決めるということはあまりないですし、六曜よりも平日や閑散期ということが料金設定には影響をしています。

ただし、こういったものは本人の気持ちが重要なことです。一般的に皆が気にしないからといって、無理して気にしないようにする必要ありません。引越しするということは人生に何度もあることではありません。六曜や占いといったものが気になる人は、こういったことを考慮しながら日取りを決めるのも良いでしょう。料金には影響することではありませんので、個人で判断して問題ありません。

次の記事へ