関西(大阪・京都)の激安引越し人力引越社

京都発の格安引越し業者人力引越社

エーッ!まさか!?
引越しでそこまで保証してくれるの!?

引っ越しで必要な引っ越し業者の人数は何人?

京都発の格安引越し人力引越社 > コラム > 引っ越しで必要な引っ越し業者の人数は何人?

引っ越しで必要な引っ越し業者の人数は何人?



引っ越し業者の選び方と手順



ほとんどの会社が自社のサイトを持っていることが多いので、引っ越し業者を選ぶときは、その会社のHPを見て口コミや実績、リピーター率を調べましょう。会社のサイトだけでなく、一般のサイトで口コミを調べるのも良い口コミと悪い口コミの両方が読めてお勧めです。特に女性の一人暮らしや、高価なものを移送する際は、特に安心できるところに決めたいものです。もちろん保障制度や荷物をどれだけ丁寧に運んでくれるか、搬送する時の梱包方法の確認も忘れてはいけません。

サービスに含まれる内容の中で、荷造りする時に使うガムテープや段ボールが無料であるのか、女性の多くの方が苦手とする、電化製品のセッティングや配線等が無料かどうかも大きなポイントです。エアコンやテレビは有料のところがほとんどですが、簡単なものなら無料で行ってくれるという業者もあります。疲れているであろう、引っ越しした当日からすべての家電が問題なく使えるのは、とてもありがたいことではないでしょうか。コンビニ弁当を食べるにしても、電子レンジは必要不可欠でしょう。

費用面では、見積もりをとっても当日予想外な追加費用が請求されることもあります。そうならないために、事前に金額が決定し、追加費用なしのところを探しましょう。予期しない出費を防ぐことができます。自社サービスに確固たる自信を持っている業者の中には、満足がいかなかったら返金するという強気な会社もあります。ただし、どういった場合に返金になるのかを事前に確認しておきましょう。実際に利用する際には、自分の要望をしっかりと伝え、焦ることなく、条件にぴったりと合う業者をしっかりと時間をかけて見つけるようにしましょう。そのためには余裕を持って行動することが大切になります。



費用は何で決まるのか



引っ越しの費用は、いったい何が基準できまるのでしょうか。まずは部屋の広さです。といっても広さ別に金額が決まるわけではなく、多くの場合、部屋の数に応じて引っ越し荷物も増えるので見積もりを算出してもらうための要素として部屋の広さは大きな目安になります。つまり、荷物段ボール何箱分かということです。そのほか、ベッドの数やピアノ、タンス、こたつ、ダイニングテーブル、ソファー、といった段ボールには入らない大きな家具や、エアコン、洗濯機や冷蔵庫といった家電がいくつあるのかが費用に大きく関係します。

荷物の量により、引っ越しに必要な作業スタッフの人数と、用意するトラックの大きさが決まります。例えば、家具一式を運ぶ単身引っ越しでは多くの場合1トントラックから2トントラック1台が使われ、作業人数は2人から3人が一般的です。家族での場合は、家族構成によってトラックが何台になるかかなり変わりますが、作業員はおおよそ5から7人での作業となります。通常、見積もりのために、引っ越し業者が事前に部屋を見に来ますが、その際にだいたいの金額が決まってしまうので、それまでに断捨離を行い、荷物を減らしましょう。

その他、費用に影響するのは転居先までの距離です。距離が遠ければ遠いほどガソリン代もかかりますし高速代もかかります。さらに、拘束する時間が長ければ長いほど人件費がかさみます。ただ、業者にも空いている日がもちろんあるので、平日の昼間など、業者が指定した日程の作業で大丈夫であれば、値段を下げてもらえる可能性も期待できます。



費用を安くするには



転居後は何かと物入りなので、少しでも費用を安く抑えたい方も多いでしょう。まず、絶対にかかる基礎費用の他に費用に大きく影響されるのが、引っ越しの日程です。お休みの方が多い土日祝日や年末年始、転勤や入学・卒業などのイベントが重なる3月、4月、引っ越し後もゆっくりと荷解きができる夏休みはとても込み合います。値段も2倍近くになることがあるため、できれば余裕をもったスケジュールを立てましょう。

また、転居先は、今よりもお部屋は広いでしょうか。今後もどんどん荷物は増えるでしょうから、引っ越しのタイミングで大幅な断捨離をしてみると良いでしょう。まず、家にあるものを全部書き出して、必要なものと、不要なものに分けます。ずっと使っていない家電や、そろそろ買い替え時のもの、錆びた自転車、定期購読している雑誌などがきっとあるはずです。2年使っていないものは、もう使わないと思っていいのではないでしょうか。

少しでも費用を抑えたいのであれば、オークションやリサイクルショップを活用して整理しましょう。ただし、オークションの場合は時間がかかることもあるのでトラブルを避けるため余裕をもって行ってください。リサイクルショップに持ち込んでも、あまりお金にならないこともありますが、粗大ごみの回収においては費用がもらえるどころか、引き取ってもらうために費用を支払わなくてはいけないこともあるので、タダでも引き取ってもらえたらラッキーだと思いましょう。こちらで紹介したことを参考にして、満足できる引っ越しを実現させましょう。

次の記事へ