関西(大阪・京都)の激安引越し人力引越社

京都発の格安引越し業者人力引越社

エーッ!まさか!?
引越しでそこまで保証してくれるの!?

引っ越しで軽トラを利用するときのポイントや注意点を解説

京都発の格安引越し人力引越社 > コラム > 引っ越しで軽トラを利用するときのポイントや注意点を解説

引っ越しで軽トラを利用するときのポイントや注意点を解説



引っ越しで軽トラを使うときの注意点とは?



引っ越しするときには軽トラを使って荷物を運ぶことがありますが、実際に使用するときにはどのようなことに気をつければいいでしょうか。軽トラに積むときには、クッション代わりになる緩衝材を用意することが大事です。一般的にはエアキャップを用意することが多いですが、もしもなければ毛布を利用してもいいでしょう。特に鏡や骨董品など割れ物を運ぶ際には入念に緩衝材を包むようにします。また、鏡台のように縦長で割れやすいものはなるべく横に寝かせて運ぶようにすると、より安全に運ぶことができます。

また、荷物を積むときには、パズルのようにきちんと積むことが大事です。バラバラに積んでしまうと荷物を全部積むことができなくなってしまいますので、パズルのように端と端を合わせて無駄なく積むことが大事です。

また、隙間なく積むことで急ブレーキや急発進をしたときに荷物同士がぶつかって破損してしまうことがなくなるので安心です。軽トラのサイズにもよりますが、上手に積めば問題なくすべて荷物を積むことができるので、なるべく1台で荷物を載せることができるように心掛けます。

さらに、軽トラに積んだときには荷物が落ちないように必ずロープでくくりつけるなどしなければなりません。仮に走行中に荷物が落ちてしまうと重大な事故につながってしまうことがあるので大切な作業です。また、引っ越しするときには複数人でやることが大事です。1人だとどうしても何か起きたときに困ってしまいますし、家具や家電類の配置をすることもできません。また、軽トラはレンタカー屋から借りるか、知り合いに持っている人がいたらその人から借りるようにするといいでしょう。効率よくするなら軽トラを使った小規模の引っ越し屋に頼む手もあります。



どのくらいの引っ越しなら軽トラでできるの?



軽トラを利用するのであれば、どのくらいまでの引っ越しをすることができるのでしょうか。軽トラのサイズにもよりますが、せいぜい2人分までの荷物が限界になります。もちろん物をたくさん持っているのであれば、それだけ積み込むことのできる荷物が少なくなるので1人分だけの引っ越しになりますが、軽トラであればどんなに頑張って積み込んでも2人分までになります。

では、4人家族の引っ越しであればどのトラックにすればいいのかですが、四人家族の場合であれば2トントラックを利用するといいでしょう。2トントラックであれば、多少荷物が多くても十分積み込むことができます。最近はトラックのレンタカーができる業者もいますので、業者に相談してなるべく安く借りるようにすればより引っ越し費用を抑えることができます。コストを抑えて新天地に向かうためには、なるべく安くレンタルできる業者を探しましょう。

ただ、軽トラならまだしも、2トントラックくらいになると運転経験がないと走行が困難になってきます。内輪差も大きいですし、カーブのときにどのタイミングでハンドルを切ればいいのかは慣れが必要になります。車通りが少ないところを走るならまだいいのですが、引っ越し先が遠いのであれば途中で事故を起こしてしまう可能性があります。

したがって、荷物が多くなるようであれば、最初から引っ越し業者に依頼した方がずっと安全かつ確実に荷物を運ぶことができるので、いくら費用を抑えたいからといっても自分で全てやろうとしない方がいいでしょう。事故を起こしては元も子もありませんので、なるべく業者にやってもらうほうが安心して引っ越しができます。



業者に頼めば軽トラを持たなくても引っ越しできる



業者に依頼すれば、自分で軽トラやトラックなどを所有していなくても引っ越しはできます。レンタカーを借りて運転することもありません。ずっと安全にしかも確実に荷物を運ぶことができます。さらに、万が一の事故の心配があったとしても補償が付いているとなおさら安心して頼めます。自分で運転して荷物を運んだとしても運転経験がなかったら事故の可能性が高くなりますし、もしも事故を起こしてしまっても誰も補償してくれません。

また、最近では遠距離の移動になったとしても、非常に安く荷物を運んでくれるようになりました。もちろん業者によって費用は異なってきますので、安く荷物を運びたいのであれば、複数の業者で相見積もりを取るといいでしょう。業者同士を競争させることで、特にシーズンオフであればかなり安く依頼することができます。

相見積もりというのは、費用を安く抑えるためには有効な手段ですが、だからといって横柄な態度で依頼するとお互いに良い影響をもたらさないので、あくまでも「できれば安くしてほしい」という旨だけを伝えて、後の判断は業者に任せるようにするといいでしょう。最近は業者同士の競争も激しくなってきたので、どこの業者も可能な限り安く見積もりを出してくれます。ただ、料金も大事ですが、サービス内容で比較することも忘れないようにしましょう。

次の記事へ