関西(大阪・京都)の激安引越し人力引越社

京都発の格安引越し業者人力引越社

エーッ!まさか!?
引越しでそこまで保証してくれるの!?

引越し先に直ぐ搬入し切れない家財などの一時保管サービス

京都発の格安引越し人力引越社 > コラム > 引越し先に直ぐ搬入し切れない家財などの一時保管サービス

引越し先に直ぐ搬入し切れない家財などの一時保管サービス


転居作業と家財道具の処遇



引越しを機会に多くの方々が実践されるのが、いわゆる「断捨離」と称される、思い切った家財や日用品の処分ですが、それでも思い入れの強いこれらをドライに処分する作業は簡単ではありません。何より大切にその後も使い続けられるのであれば、同一内容の家財類を新たに購入する行為は、散財に?がってしまうこともあります。また、結局処分には踏み切れず、搬入したものの即使い始められない、何とも微妙な位置づけの家財が発生してしまうケースも珍しくありません。

そしてもう1つ、予想外に多く発生している事例として挙げられるのが、搬入するつもりが部屋や搬入通路の設計企画上不可能、すなわち「運び込みたくとも運び込めない」想定外の状況が発生することです。私たちの考えとして、素人目には非常に困難な作業でも、プロの引っ越し業者であれば運び込めるのではないかと考えることもあります。しかし、賃貸契約した集合や住宅の上階への搬入に際し、こうした展開は多々生じているのが現状で、わずかな油断と不十分な事前の現地確認から、当事者となってしまう可能性はゼロとは言えません。

この他にも日々の仕事が忙しく、自宅の引っ越し作業に十分な時間を費やす事が難しく、取りあえず家財道具一式を新居に放り込むのが精いっぱいの場合、一時的に必要な家財類をよそに預けた上で、後日自身のペースで徐々に整理整頓するのが良いでしょう。このように、転居作業は当事者それぞれの事情と転入先の環境により、必ずしも全てがスムーズに進むとは限らず、時に当日その場での臨機応変な対応が求められることもあります。ここでは、大切な家財道具を一時保管してくれるサービスが好評な専門業者に着目し、その概要やメリットなどを紹介します。



ユニークかつ現場に即したサービス



転居先に大切な家財を搬入できないケースは、自身が早い段階で理解している場合のみならず、当日搬入作業中にその事実が発覚するパターンも少なくありません。新年度前後の引越し繁忙期に作業担当スタッフと入居者が現場で話し合うそばには、最後までトラック内に残された大きな家財が数点という風景を目にしたことがある方もいるでしょう。特に遠方からの転勤を理由の急な転居など、転入先の現地を十分確認できないままの搬入作業が避けられない時には、こうした展開に?がる可能性も自ずと高まります。

だからと即処分する訳にもいかず、結果として持ち主が一時保管先となるトランクルームなどを急いで探し出し、新居外で保管し処遇を検討する流れが一般的ですが、土地勘に優れているとは言えない地域で早急な手配が叶うとも限りません。こうした事例に迅速確実に対応すべく、結果として引越し先に搬入できなかった依頼者の家財道具を一時保管するサービスを行っている業者もあります。こうしたユニークながらも現場で起こりうる状況に即した独自サービスの実践に至れるのも、豊富な実績と経験値を有する業者ならではの頼もしさです。

具体的な預かり期間などの詳細に関しては、自身での確認作業が欠かせませんが、搬入した荷物や家財道具を新居内に配置しつつ、一定時間を確保から対策を講じられるメリットは大きく、引越し業者の細やかな心遣いが嬉しいサービスとして注目を集めています。勿論、中長期的に預けっぱなしという訳にはいきませんので、可能な限り早急に処遇に関する結論を導き出しての対応が求められる点を忘れてはなりません。



自身のニーズとのマッチングに着目を



引越し業者の選択に際しては、それぞれの価値観や譲れぬ優先順位に基づき、独自の手法で候補先をピックアップし、絞り込み作業を進められるかと思います。やはり見過ごせないのがインターネットの検索機能を活用することで、複数の業者に一括で概算見積もりの依頼が可能な、いわゆる「まとめサイト」の存在であり、数多くのエンドユーザーに活用されているのも周知の通りです。

しかしながら、これらのサイトは「費用が安価と思われる業者の絞り込み」を基準とした配信サービスであり、細かい部分に関しては、自ら候補先の公式サイトにアクセスから詳細を閲覧する、あるいは疑問点などを直接コンタクトを取っての確認する作業が求められます。女性の単身者や大量の家財道具の運搬作業を伴う大家族など、現場作業のほとんどを現地担当スタッフに頼り切る、あるいは転居先に全ての家財道具の搬入が難しいケースが想定されるなどの場合、必ず「安価な業者イコールベスト」との判断は疑問です。

こうしたエンドユーザーからの依頼の比率が高い業者の特徴として、家族の一員として引越し作業をお手伝いする、独自の細やかなサービスが準備されている魅力が挙げられます。中でも家財道具の一時保管サービスは、転入後自身のペースで新居の新生活の体制を整えたい、あるいは新居への搬入が物理的に難しくとも処分したくない家財をお持ちの方々にとって、大変嬉しいサービスとして注目を集めています。数値面のお得感ばかりに目を奪われ過ぎず、自らのニーズとのマッチングを重視する姿勢も大切です。

次の記事へ