関西(大阪・京都)の激安引越し人力引越社

京都発の格安引越し業者人力引越社

エーッ!まさか!?
引越しでそこまで保証してくれるの!?

知っておきたい引っ越しの挨拶にベストな時間帯

京都発の格安引越し人力引越社 > コラム > 知っておきたい引っ越しの挨拶にベストな時間帯

知っておきたい引っ越しの挨拶にベストな時間帯


転入を正しく理解する



時代の流れに伴う諸々の価値観や感覚的な基準の変化は、日常生活における数々の場面で、時に戸惑いや迅速確実な判断に窮してしまう回数を増やしていると言えるでしょう。中でも人と人との距離感、特にご近所づきあいに関しては、その地域や世代の違いが一層顕著となり、見知らぬ土地への転入に際して不安を覚えられる方々も少なくありません。とりわけ都会の賃貸マンションなど、隣人すなわち他人のプライベートゾーンとの距離感が、一昔前と比較してより疎遠となる傾向が顕著な中、異なる生活環境の中に、言葉は乱暴になりますが「新参者」として上手く仲間入りすべく、果たしてどのように引っ越し挨拶をすべきなのか、この判断が難しいのも確かです。

果たしてどのような言葉を届け、手渡す品物は何がベストなのか、何より相手となる複数の家族構成や生活スタイルが全て異なる以上、受け取った全ての方々にとってベストな文言や品物はおのずと限られます。そしてもう1つ非常に判断が難しい点として、相手先に伺うタイミング、すなわち時間が見過ごせません。集団社会の新たな一員に加わる以上、相手にとって負担あるいは迷惑とならぬ時間帯を冷静に見極め、キチンと済ませておくべきでしょう。

ここでは以下、多くの方々がいざその場面を迎えられるまで忘れがちな、転入時の挨拶のタイミングすなわち時間に視線を合わせ、正しい判断にお役立ていただけるヒントを紹介します。見知らぬ第三者へ抱く第一印象は、初対面時の最初の数秒で決まってしまうとも言われています。新たな生活の基盤となる転入先で円滑な人間関係を構築する上で、非常に重要なポイントとなる「はじめまして」をスムーズに完了できるように、以下のことに注意を配るようにしましょう。



常識的なタイミングにおける選択の重要性



各家庭の24時間の予定や都合は、異なっているのが当然です。タイミングの良しあしは、実際に訪ねてみた「結果」として確かめるしかありません。既に近隣の方々は、新たな転入者の存在に気づいていることが多く、当然自らの生活環境に少なからず関わる存在として、どのような家族そして人物なのか興味を抱いている方もいるでしょう。初対面の第一印象を少しでもよく伝えるための配慮として、引っ越し挨拶に際しては、世間一般の常識を踏まえた時間帯に行う事で、誤解や悪印象のリスクを抑制することが可能となります。

通勤通学で自宅を出られる朝早い時間、昼食タイム、夕食の準備にとりかかる日没前後以降は避けるのが常識となっています。これらの時間であれば在宅している可能性が高くなるでしょうが、挨拶する自分たち側の都合優先での訪問はよくありません。あくまで玄関先で短時間かつ簡潔なお声がけだから、何時だって構わないと考える向きも見られますが、見知らぬ転入者がバッドタイミングで訪れた事実は、時に悪意無きマイナスの第一印象として相手に刻まれてしまうこともあります。結果として間が悪い訪問となってしまったとしても、常識への配慮が相手にも理解できるタイミングであれば、その印象は大きく異なります。

一昔前の常識的配慮として当然の「気遣い」に重きを置き、新しい土地で一からのスタートとなる「はじめまして」の挨拶を行う際には、細心の心遣いが重要となります。



なかなかお目にかかれない場合には



幾度も微妙に時間帯を変えて再訪を重ねるも、ずっと不在続きで引っ越し挨拶ができないまま、日時だけが流れてしまうケースがないとは言えません。不規則な勤務シフトあるいは昼夜逆転のお仕事の可能性など、幾つかのケースが想定されるパターンです。このような場合は、不在通知や挨拶に訪れた旨をメモなどで投函する訳にもいかず、困ってしまうことがあります。

こうした場面では、夜の8時から9時頃に訪問するのが良いでしょう。一般的には引っ越し挨拶のタイミングとしては遅過ぎる感が否めませんが、きちんと「突然夜分失礼します」の一言を冒頭に添えれば大丈夫でしょう。相手も、ご自身の生活サイクルが他の方々とは違っている事を自覚されていることが多いでしょうから、きちんと挨拶の際に一言添えることで良くない印象を与えることはありません。

早朝もしくは世間一般の方々が外出支度などで忙しい、午前7時から8時台の訪問は控えるのが賢明です。朝が遅いお仕事で就寝中のこともありますし、夜の訪問と比較した場合、結果的に失礼となってしまうリスクがあります。

また、他の近隣の方々と比べ、転入からの挨拶が遅れてしまったお詫びに関しては、軽く触れる程度にしておきましょう。幾度も再訪を重ねた事実を相手先にほのめかすことのないようにし、あくまで「はじめまして」「今後ともよろしくお願いします」を伝える挨拶であり、良好なご近所関係の構築は、ここから先に時間をかけての作業と捉えておくようにしましょう。1回の挨拶だけとはいえ、最初が肝心です。良好な距離感を正確に見定めるためにも、常識の範囲内での気遣いを心掛けた挨拶をすると良いでしょう。

次の記事へ