関西(大阪・京都)の激安引越し人力引越社

京都発の格安引越し業者人力引越社

エーッ!まさか!?
引越しでそこまで保証してくれるの!?

転勤などで引っ越しを行う時の不用品の処分について

京都発の格安引越し人力引越社 > コラム > 転勤などで引っ越しを行う時の不用品の処分について

転勤などで引っ越しを行う時の不用品の処分について



持ち物の分別について



転勤などで住居を変更する場合には、まず自分の持ち物の分別を早い段階で行うことが必要です。持ち物を分別しないでそのまま新しい住居に持っていくと、それだけ引っ越し時の料金が無駄にかかってしまいますし、また新居も無駄に荷物が多くて邪魔になってしまいます。そのため分別をしておき、不要なものは処分しておく必要があります。また、できるだけ早めに行っておくことが大切です。分別は意外と時間がかかるものなので、だらだらとしているとあっという間に新居に移動する日がやってきてしまいます。そこで、ここでは分別のポイントを紹介します。

まず分別を行う際に必要なものと不用品に分けます。荷物というものは案外不要なものが多いものです。ほとんど使用しないものも多くありますが、もったいないと思っているとなかなか分別が進みません。移動をする際の料金を無駄に上げないためにも、今後も使用しないと思われるものは思い切って処分してしまうようにしましょう。ただ処分とはいっても捨てるだけではなく、リサイクルに出せばいくらかの金額を得ることができる場合もあります。それを引っ越し料金にあてることもできます。

次に、荷物を分別した際にリサイクルに出せないようなものはゴミとして捨ててしまうようにしましょう。ゴミも多くなると作業に時間がかかってしまいます。早めにごみ処理に取り組めば新居に移動する前に終了させることができます。また、住んでいる地域によってゴミの出し方も違いますが、大きなゴミを分解して一般のごみとして出せる場合は、ある程度の大きさにしてしまうのもいいでしょう。粗大ごみに出すよりも費用が掛からないのでお得です。



不用品はできるだけ売る



引っ越し前には不用品を処分してしまうことで引っ越し料金を抑えていくことができるものです。そのため不用だと思った品は処分することが大切です。しかし、捨ててしまうよりも売ってしまうほうがおすすめです。

そこで最初に行いたいのがオークションです。オークションに出品して売れれば現金にすることが可能です。ただオークションに出品する際には画像を撮ったり、オークションサイトに商品をアップさせたりしなければなりません。またオークションの終了までにはしばらく時間がかかるものです。そのため新居に移動するよりも前に、時間に余裕を持ってオークションに出しておく必要があります。

オークションで売れなかった、あるいはオークションを利用するには時間が足りないという場合にはリサイクルをしてくれるお店に持っていくといいでしょう。そのような場合は、どんな品物でも買い取ってくれるようなお店ではなく、専門店に持っていくことが大切です。専門店に持っていけば、どんな品物でも買い取るお店よりも高く買い取ってくれることが多いためです。また、専門店の中には出張で査定をしてくれるお店もあるので、あまり時間がない方でも気軽に査定をしてもらうことが可能です。専門店で売ってもらえないような品は最終的にはどんな品物でも買い取ってくれるお店で買取を依頼するといいでしょう。そして売れずに残ってしまったものについては友達に譲るかゴミとして処分するという選択をとります。

このようなやり方を実践することで売れるものはできるだけ高額で売り、効率的に不用品を処分することができます。



引っ越しの準備と同時に不用品の処分



引っ越しをする際には不要品の処分と新居に移動する準備をしていくことが必要になります。しかし、分別してそれぞれ売ったりゴミに出したりする作業は非常に時間がかかるものです。そのため新居に移動する準備を行うのと同時に不要品の処理作業を手際よくしなければなりません。

まずは不用な品と必要な品を分別しますが、この作業を早い段階で行うようにしてください。そして不要品は1か所に集めておくようにしましょう。次に引っ越し業者に電話をして見積もりを依頼します。業者は実際に自宅に来て荷物の量などを確認します。また移動距離なども合わせて考慮に入れ、最終的な金額を提示してくれます。見積もりについては業者によってそれぞれ料金が異なります。そのため、必ず複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。見積もり時には不用品についても伝え、間違った見積もりにならないようにしておかなければなりません。

また、不用品は新居に移動をするまでにリサイクルショップに持っていったり、オークションに出すようにします。これらの方法によっても買取されなかった品はゴミとして早めに処分をしていきます。また今必要なものであっても、しばらくは使用しないものは1つにまとめておくなど、使用頻度によって持ち物を分けておくと、新居で荷物を保管する際の作業が楽になります。いずれにしても不要だと思われるものについては思い切って処分する態度が大切です。もったいないといって保管していると整理整頓がきちんとできなくなってしまいます。

次の記事へ